鯉のぼり〈桂樹舎〉

この鯉のぼりに使われる八尾和紙というのは、もともと富山県の薬売りが鞄で使用していたほど強度が高く、字を書くよりも加工に適した和紙です。その八尾和紙を型染めという着物や帯を染めるときと同じ技法で染めています。染め終わると一度乾かしてから水の中にさらす手法をとっているため耐水性があり外に飾っていただいても問題ありません。
  • <
  • 1
  • >
  • « Prev
  • Next »
2商品中 1-2商品

©Ateliergangu & Ateliertaik co., ltd. All rights reserved.